買い物カゴを見る 新規登録&会員マイページ ネットでのお買い物方法 お問い合せ サイトマップ
 
トップページへ >  > 次郎柿(じろうがき)静岡県浜北産

次郎柿(じろうがき)静岡県浜北産

お届け期間は11月上旬頃より




食感が特徴の高糖度の柿!


日本3大柿と呼ばれる完全甘柿です。



浜北次郎柿とは・・・?

静岡県JAとぴあ浜松産次郎柿は【浜北次郎柿】のブランド名で流通し青果市場でも高い評価を
受けているこだわりの産地です。甘柿の次郎柿は250〜300gの四角い形で完全甘柿で自然な甘
さを味わえるのが特徴。樹上で赤く熟した実を収穫し外見はきれいなオレンジ色で糖度の高い柿。
種はほとんどないので食べやすく、果肉は固めでコリコリとした食感を楽しめます。

国内の甘柿では富有柿の次に多く栽培されている柿で糖度は約16〜約18度と高糖度で果肉が
しっかりとしており、カリカリとした歯ざわりですが熟度が増すとトロリとした食感に変わります。
柔らかい果肉がお好みの方は、常温で数日保存すると柔らかくなります。

静岡県の旧浜北市・浜松市・旧引佐町などで治郎柿が盛んに栽培され量より質を重視して
厳しい選果で品質の均一化に取り組んでいます。

秋の味覚はまきた次郎柿ならではの上品な甘さを是非ご賞味してみてください!


次郎柿のご紹介です


『富有はアゴで食べ、次郎は歯で食べる!』
と昔から言われ、次郎柿はどちらかというと
果肉がしっかりとしており、サクサクとした食感
が特徴の柿になります。

平べったく、ゴツゴツした外観

次郎柿は見たが平べったく、少しゴツゴツした
感じ・・・果皮に4本のスジみたな線ができます。

富有柿と比べれば、果汁は少なめですが高糖度
で糖度は約16度近くあり、後を引く濃厚な柿です!

日本では次郎柿の生産量の全体の8割を
愛知県と静岡県で栽培されています

次郎柿の歴史・・・

江戸時代から栽培が行われてきた次郎柿ですが
その昔、松本治郎さんが川の洪水で流れてきた
柿の木を植えた事に始まり、品種改良は経て
現在の甘い次郎柿が誕生日しました。

その時植えられた木の子孫は現在でも静岡県の
指定天然記念物として保存され現存しています。

医者いらず・・・?

柿はビタミンC・カロテン・食物繊維・カリウム
・ペクチン等が多く含まれており、柿は昔から
医者いらずとも言われるほど栄養価の高い
果物なんです。


 
美味しい梨が出来るまで・・・ 
摘蕾

不要な蕾を落とし養分を
効率よく行き渡らせる
 
 


摘果

受不要な実を落とし、実に
栄養分を行き渡らせます。

 
着色

少しずつ緑色から黄色へと
色づいてきます。

 

 

収穫

全体的に色付き、まもなく
収穫です。甘柿はこのまま出荷
され、渋柿はこの後に渋を抜く
工程にはいりま
す。

 

 



商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜2件 (全2件)

1件〜2件 (全2件)

ページトップへ